アトリエランプは札幌の桑園地区にひっそりとあります。

ノスタルジックなその佇まいは、まるでそこだけが時間が止まってしまっていたかのようです。
柔らかなランプの灯は訪れる人の心を癒やしてくれます。

うららかな陽ざしのランプ
うららかな陽ざしのランプ
press to zoom
紫陽花とランプ
紫陽花とランプ
press to zoom
ノスタルジックなランプ
ノスタルジックなランプ
press to zoom
まばゆい光を浴びるランプ
まばゆい光を浴びるランプ
press to zoom
ランプの灯
ランプの灯
press to zoom
夜のランプ
夜のランプ
press to zoom

昭和5年に建てられたこの建物が

私の夢の中に突然現れました

そして、導かれるように出会ったのです

 

そして、この建物はアトリエとして

生まれ変わりました。。

「アトリエランプの物語」

が始まりました。

「人仏画(ジンブツガ)」

 

私は、手作りの木炭で描く、この肖像画のことを、こう名づけました。

私は黒田晃弘といいます。

 

肖像画(人仏画)を描いています。